リング

カップルで選ぶ婚約指輪【ネットで事前に調査するコツ】

価値観に合った選択を

男性女性

後悔しないような選択を

結婚指輪は、ほどんどのカップルが結婚する際に購入して、日々の生活の中で常に身に着けます。婚約指輪は結納やプロポーズの時に男性から女性に結婚の約束と言う意味で贈るのが一般的ではあるものの、結婚するときのイベントが簡略化されつつある昨今、結納をしないカップルも増えている流れに伴って婚約指輪を購入しない人もいるのが特徴です。もちろん、結婚に際し婚約指輪を購入するのか、結納は行うのか、挙式披露宴は行うのか、などは強制されている訳ではないので、カップルで話し合いどうするのかを決めて問題ありません。しかし、後々「婚約指輪を買っておけば良かった」「式を挙げておけば良かった」などど後悔しないようにじっくりと検討しましょう。

決まりはありません

婚約指輪は結婚指輪に比べて高価な場合が多いです。一時期は「婚約指輪は給料の3ヵ月分」と言うキャッチフレーズが流行したこともありました。しかし、どのくらい費用を掛けるか、しっかりとした目安はありません。値段が問題ではないので、婚約指輪の意味をしっかりと踏まえた上で購入すると良いでしょう。一般的にはダイヤモンドが大きなアクセントになっているデザインが人気です。プラチナの素材で作られているもの選択する人が多いものの、特に決まりはないのでゴールドでもプラチナでも、コンビの素材でも良いのです。また、付いている宝石もダイヤモンドが人気ではありますが、色の入った宝石でも、ダイヤと色の入った宝石を組み合わせても良いのです。